2008年03月15日

甕雫-かめしずく-

20080315154031.jpg

▼かめ雫入荷しました!
▼宮崎県▼20度
▼1.8L ¥4.100 720ML ¥2.850
▼創業天保5年(1834年)以来、京屋酒造の焼酎は
すべて代々受け継がれてきた大甕にて仕込まれ、
外部より熱を加えない、奪わないごく自然な環境の中で
発酵しています。
▼甕仕込みの良さは、陶器から出る遠赤外線の影響と
一回の仕込みの量が約800Lと少量のため、まろやかさに
深みのある旨味をもった原酒になることです。
▼甕雫は、京屋酒造の子会社である農業生産法人
有限会社アグリカンパニーにて有機肥料を用いて
栽培しました宮崎紅寿甘藷を一部使用しています。
▼伝承の甕と南国の太陽の下、自家農園で育ちました
甘藷とが醸しだしますミステリアスな味とフルーティな
香りをお楽しみ下さいませ。
posted by 筑豊ぱんだ at 15:36| 福岡 | Comment(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

音空-おんくう-

image/panda-news-2008-01-24T17:37:46-1.jpg


▼洗練し過ぎない深い味わい。
▼黄麹・鹿児島産コガネセンガン使用
▼25度 ▼佐賀県 窓乃梅酒造
▼1.8L ¥2.800 720ml ¥1.400
▼江戸時代まで使用され、明治時代には姿を消してしまった
今では珍しい『兜釜式蒸留器』で蒸留。
▼洗練し過ぎない「昔ながらの懐かしい味わい」を復活させました。
▼お湯割では芋の香りが引き立ち、水割り・ロックで
すっきり飲める自信作です。
▼水割り・お湯割りがおすすめです。
▼音空は裏読みで「オンエアー」と呼びます。
posted by 筑豊ぱんだ at 17:37| Comment(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

音叉ノ如-おんさのごとし-

image/panda-news-2007-11-13T16:32:39-1.jpg

▼かどのないまろやかさ▼木樽蒸留・黒麹仕込み
▼25度 1.8L ¥2.500 720ml ¥1.250
▼鹿児島姶良の重富郷から湧き出る『龍ヶ水(りゅう
がみず)』を使用し、昔ながらの木樽蒸留で丹誠込め
て造った本格焼酎です。
薩摩の黄金千貫の皮を剥き、甘味を含んだかどのない
円やかさを
出す。さらには黒麹による深い味わいを加えた造りです。 
名前の由来は、このお酒をのむ人同士が、音叉のごとく
共鳴しあって輪が広がるという願いを込め、
『音叉ノ如-おんさのごとし-』としました。
▼お湯割り・水割り・ロックがおすすめ!

▼蔵は、鹿児島県姶良郡で文化庁有形文化財指定の現存
鹿児島県内最古の貯蔵蔵を持つ有名老舗酒蔵。『姶良』
や『結里』『白銀坂』などお世話になっている白金酒造さんです。

▼2006年の『白金乃露 黒』に続き、民間の酒類コンク
ールで全国最大規模とされる『2007年秋季全国酒類
コンクール』に於いて、芋焼酎部門で白金酒造の『白金乃露』
が1位を獲得しました。

音叉-おんさ-とは・・・
柄が付いた鋼鉄製のU字型の道具。
共鳴させて音の振動数をはかる
posted by 筑豊ぱんだ at 16:32| Comment(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

やきいも黒瀬

image/panda-news-2007-10-24T16:59:08-1.jpg


▼「芋は焼いて食べた方が旨い!」
▼1.8L 2.310円 720ML 1.365円
▼鹿児島県 25度
▼芋焼酎の原料に最も適したと言われる
品質の良い黄金千貫を焼芋にして造りました。
▼原酒をマイナス5℃まで冷却することで、
味・香りともに抜群の焼酎に、造り上げました。
posted by 筑豊ぱんだ at 16:59| Comment(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

明るい農村 赤芋原酒

image/panda-news-2007-05-15T15:48:59-1.jpg


▼かめ仕込み・かめ貯蔵▼甕壺入りのミニ木勺付き▼1800ML 10.500円▼36.1度▼霧島町蒸留所の年に一度の限定品▼霧島連山の高千穂の峰がそびえ立ち、清流・霧島川の水音が聞こえてくる蔵で、蔵人達が全力を傾けた作品です。▼顔を近づけると果物のような深い香りが立ち、少し口に含むと、やさしい甘さに驚かされます。▼お湯の量、お湯の温度によって焼酎の味が、様々に変化します。
いろいろな味をお試しいただいて、ご自分だけの味を見つけて下さいませ。
posted by 筑豊ぱんだ at 15:48| Comment(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする